PS Auto Sitemapの設定方法


パソコン1

PS Auto Sitemap は WordPress サイトのページにサイトマップ(記事の一覧)を自動生成・出力してくれるプラグインです。サイトマップページがあると訪問者はサイト全体の構成を一目で確認できるため、希望のコンテンツにすぐにアクセスできます。PS Auto Sitemap は、新しいコンテンツを公開する毎にサイトマップを自動で更新してくれる、とても便利なプラグインです。
PS Auto Sitemap はサイトのコンテント管理システム(CMS:Content Management System)」として WordPress を利用する際、SEO 効果、ユーザビリティの改善などが期待できます。

It is easy to install for beginners and easy to customize for experts.
It can change the settings of the display of the lists from administration page,
several neat CSS skins for the site map tree are prepared.
バズ部さんのPS Auto Sitemapの設定方法と使い方を参考にさせていただきました。
感謝です。

「PS Auto Sitemap」の機能

◾Display/hide of particular home.
◾特定のカテゴリーと投稿を表示/非表示にします。
◾ページの表示/非表示。
◾リストの深さの上限。
◾Set the display order of the page list and the post list.
◾カテゴリーと投稿の統合/分割
◾リストからカテゴリーを設定する。
◾リストから除外する投稿と固定ページを設定する。
2種の既定デザイン、またはスタイルなしオプションの中から
サイトマップの表示スタイルを選択してください。
◾サイトマップの内容をキャッシュするかどうか。

PS Auto Sitemapの設定方法・手順

1.PS Auto Sitemapプラグインのインストール
プラグインのインストールが完了したら、管理画面の左メニューの「設定」の中に
「PS Auto Sitemap」という項目が追加されるので、これをクリックすると設定画面にアクセスできます。
2.サイトマップのページを用意

PS Auto Sitemap を活用するには固定ページを使います(投稿ページでは機能しないので注意してください)。まず管理画面の左メニューより「固定ページ → 新規追加」の順にクリックしてページを作成し、 この時、下図のように必ず「テキスト」タブをクリックしておくこと。

次にタイトル(サイトマップ)、URL名(sitemap)を入力し、コンテンツ入力欄には以下のPS Auto Sitemap コードを貼り付ける。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

そして画面右上にある「公開」ボタンをクリックして、固定ページを公開する。
ページ公開後、ブラウザに表示されるURLの数字をメモしておくこと。これ重要です。

「キャッシュの使用」はチェックを外します。
3.サイトマップページの表示設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です